2010年03月01日

経費と税金

今日から3月、確定申告期間もいよいよ折り返し地点です。

2月に入ってから実に良く働いています。


先週末も群馬に新規のクライアントさんの確定申告の関係で

出張だったので実質休みはなし・・・


今日は、午前に法人設立関係書類のご説明で六本木へ行き

社長さんとランチミーティング


フレンチを頂きました。虹鱒が大変おいしく、話もはずみ

とても有意義でした。


特に本を読むのは何のためか・・・という話は目からうろこ

で大変参考になりました。


確定申告も後半戦に突入です。だいぶつかれもたまって来て

いるので今日は早めの帰宅を希望ですが、確定申告の良くある

ご質問シリーズの第6弾は頑張って書きます。


ご質問

 「所得税や事業税などを払っているのですが、これらは

  経費になるのですか???」


答え

 「経費になるものあるし、ならないものもある」


です。


所得税の課税の対象となる所得の計算上、必要経費に算入される

税金と算入できない税金があります。


まずは、確定申告で納税した所得税や、予定納税した所得税は

必要経費にはなりません。


給与の支給に係る源泉所得税も必要経費にはなりません。


一方事業税は、租税公課勘定等で必要経費に算入できます。


また、不動産収入や事業用資産に係る固定資産税も経費参入でき

ます。印紙税も経費算入です。


そして、消費税についても経費に算入できます。

なお、消費税については税込み経理をしている場合、

確定消費税額を未払経理した場合は、その未払を計上した年の

必要経費に算入することが出来ます。


いずれの税金もキャッシュアウトなので必要経費になりそうです

が、残念ながらずべての支出した税金が経費になるわけではない

ので注意が必要です。

posted by fujizei at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。