2010年02月26日

賃貸用不動産の修繕費

早いもので2月も、もう終わりです・・・

怒涛の確定申告期間も折り返し地点!

毎日終電ギリギリまで執務に追われています。

今日も冷蔵庫の栄養ドリンクをいただき仕事に没頭・・・


さてさて、忙しくて確定申告の良くあるご質問シリーズも

なかなかアップできなかったのですが、今日は折り返し地点

一服ということで第5弾を書いてみました。


先日もご質問頂いた内容ですが、


 「賃貸しているアパートの修繕を行ったのですが、その

  支出は経費になるのですか???」


賃貸用の不動産(アパート等)は固定資産となり、その修理、

や改良等のために支出した費用は、それが修繕費として必要経費

となるか、あるいは資本的支出(固定資産計上して減価償却する)

となるのかは区分して考える必要があります。


固定資産に係る支出(維持費、取替補修、改良、増設等)は

通常、その固定資産の使用可能期間が延長されたか否か、又は

価値が増加したか否かによって、修繕費と資本的支出に区分

されます。


一定の基準によって区分するのですが、その基準に従って判定

するのは実際には非常に困難となるので、実務上は、


 @建物の避難階段の取付等物理的に付加した部分に対応する金額

 A用途変更のための模様替え等改造又は改装に直接要した金額

 B機械の部品を特に品質又は性能の高いものに取り替えた場合に

  その取替えに要した費用の額のうち通常の取替えの場合にその

  取替えに要すると認められる費用の額を超える部分の金額


上記に該当する場合は資本的支出となります。


また、形式的区分基準とうものもあり、明らかに資本的支出に

該当するものを除いて、以下の形式的区分基準により一定額までの

金額については修繕費として必要経費に算入することが認められて

います。

以下、形式的区分基準について


 @その金額が60万円に満たない場合

 Aその金額が修理、改良等の対象とした個々の固定資産の前年末に

  おける取得価額のおおむね10%相当額以下である場合


具体的には、形式的区分基準では


アパートの原始取得価額が2,500万円で取得後に資本的支出がない

とした場合で

アパートの床や壁等の損傷の改修等の改修工事費用が150万円だと

すると・・・

2,500万円×10%=250万円≧改修費150万円

となるので修繕費として必要経費に算入することが出来ます。


以上、不動産収入のある方からのご質問で最も多いものについて

取り上げてみました。

ご参考になされてください。

今日もまだまだ残業です。明日は、新規の確定申告のご依頼を

頂いたのでその打合わせに群馬に出張です・・・



posted by fujizei at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

働いております

今日は、確定申告の資料をお預かりするため午前は

中野に行って参りました。


資料を預り事務所に着くと、デスクのうえに宅急便や

ゆうパックなどなど確定申告資料の山ができていました。


今月は確定申告期間中ではありますが、新規設立法人の

税務書類の作成が既に入っており個人、法人と実に中身の

濃い実務となっております。


明日は群馬県のお蕎麦屋さんの確定申告資料のお預かりと

打合わせのために出張です。


月曜の午前は別件で法人設立を検討中の方と打合わせ、

午後は法人クライアントさんと打合わせと個人の申告資料

のお預かりと内容のチェックが既に決まっております。


よって実務が出来るのは夕方から・・・


終電コース決定です。


われながら実に良く働いております・・・

posted by fujizei at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

サラリーマンの方の株式投資と税金

今日は、午前は出張で横浜に行って参りました。


横浜方面のクライアントさんが結構あるので月に1・2回

横浜への出張があり、その際に湘南新宿ラインを使います。


今日も湘南ラインでしたが、往復の時間がかかるのでその

移動時間に記入したものを若干手直してアップしました。


早速ですが、所得税の確定申告でよくお問い合わせのある

ものシリーズの4回目です。


 「株の売買をして得た収入がある場合どうしたらよいですか?」


というものです。


最近では、サラリーマンの方で金融商品を勉強して投資ないし

資金の運用をしているかたが増えているようです。


株式の売買(譲渡)による所得は通常は譲渡所得となり申告分離

課税となり、確定申告が必要となります。


ただし、特定口座に関する課税の特例によって証券会社に開設した

特定口座内の上場株式等の売買については、源泉徴収有りを選択

した場合には申告しなくても良いこととなっております。


また特定口座内の売買であっても源泉徴収無しとしている場合は

証券会社から送付される年間取引報告書により確定申告をする

必要がありますので注意してください。


また、上場株式にかかる譲渡によって損失が出た場合は3年間に

わたってその損失を繰り越すことが出来き、以後各年の株式の

譲渡所得から控除することができます。


ただし、この譲渡損失の繰越控除の特例の適用を受けるためには

確定申告をする必要があります。


つまり源泉徴収有りの特定口座で申告不要であっても譲渡損失の

繰越控除の適用を受けるためには確定申告をする必要があるの

でこのへんは注意が必要です。


さてさて、確定申告の資料もだいぶ事務所に届いておいります。

今日も残業となりそうです。
posted by fujizei at 15:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

妊娠・出産に係る医療費控除

いよいよ明日から名実ともに確定申告期間に突入です。

今年の確定申告書の提出期間は平成22年2月16日〜同年3月15日

となっております。


明日から過酷なタイムスケジュールが待ち受けております。

そんなわけで明日からの繁忙期突入の前に鋭気をやしなうために

先週末は「ホイットニー・ヒューストン」のコンサートに行って

参りました。

仕事のことはしばし忘れて歌声に聞き入ってしまいました。


さてさて、今日は確定申告で多いご質問の医療費控除について

中でも比較的高額な医療費がかかり、かつ補助金等の支給もある

妊娠・出産に係る医療費控除について取り上げてみました。


医療費控除の考え方のエッセンスが凝縮されているので、他の

医療費控除の適用にも役立つ部分も多いかと思います。


妊娠・出産に係る医療で控除対象となるものは

・出産前の定期検診や検査費用
・産婦人科に通院するための交通費(公的交通機関)
・出産のための入院時のタクシー代等
・出産のための分娩費用や入院費用など
・産後の検査費用

控除の対象とならないものは

・いわゆる里帰り出産のための帰省に係る交通費
・妊娠検査薬の購入費用
・親族に支払った介護料
・やむをえない場合以外のタクシー代
・出産・育児に係る講座の受講料など


また、出産時の入院費用は控除の対象となるのですが、
個室使用のための差額ベット代等や入院のための各種
アメニティーグッズの購入費用は控除の対象とはなり
ません。

ただし、医師の診療を受けるために必要とされる場合や
病院側の事情により生じた差額ベット代は控除の対象と
なります。

あと見落としがちなものに出産に伴い支給される
「出産育児一時金」の取り扱いです。

この出産育児一時金は補助金にあたるため医療費控除の
計算上、支払った医療費から差し引いておく必要が
あります。

これは、他の医療費控除においても同様で、高額療養費や
生命保険会社などから給付を受ける入院給付金なども支払った
医療費から差し引く必要がありますのでご注意ください。

posted by fujizei at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

所得税確定申告書の提出先

確定申告期間突入まであとわずかとなって

参りました。


幣事務所も他の税理士事務所と同様すでに労働時間

的に全力営業となっております。


今年は贈与税の案件などもありスケジュールタイト

でありますが、業務の合間をぬってできる限り

確定申告に関してお問い合わせの多いものについて

ご案内していくつもりです。


さて早速ですが、先日に続き所得税確定申告に関する

ご質問で多いものを取り上げて見たいと思います。


 「引越しをして住所が変わった場合の確定申告書の提出

  はどこですか?」


といったご質問が多く見受けられます。


サラリーマンの方で転勤等によって住所が変わった方、

新たにマイホームを購入して住宅ローン控除の適用のため

の申告をお考えの方や出産等に係る医療費の控除適用を

お考えのかたなどの住所が変更となった場合などが

このケースです。


申告や納税手続は現在の住所地(申告をする際の住所地)

を管轄する税務署が取り扱うこととなっているので、

1月1日以降に転居された方は新住所を管轄する税務署にて

申告や納税手続をすることになります。


具体的には、


平成22年1月15日に新たに購入したマイホームに引越しを

した場合の平成21年分の確定申告書の申告先は新住所を

管轄する税務署となります。


この場合、申告書の住所欄には新住所を記入し、その下欄の

平成22年1月1日現在の住所欄には旧住所を記入して申告書

を作成します。


また、転居した場合の申告書類等の提出先の関するご質問

と付随してよくあるご質問に、


 「住所地以外に事業所があるのですが、この場合の申告書

 の提出先はどこになるのですか?」


といったものがあります。


所得税の納税地は原則としてその方の住所地となるのですが、

住所地以外の事業所や事務所等の所在地を納税地とすることも

できます。


この場合は、住所欄の左の( )内の当てはまるものを○で囲んだ

うえで、住所欄の上段に事業所等の所在地を記入し、住所欄の下段

に実際の住所地を記入します。


ただし、原則的な納税地は住所地となるので、上記のように住所地

以外を納税地とする場合は、住所地と納税地とする事業所等の所在地

を管轄する税務署それぞれに「納税地の変更に関する届出書」を提出

する必要がありますのでご注意ください。


さてさて今日は休日ですが出勤してお仕事です。

既に確定申告書類の作成も開始・・・


今年のテーマに沿って早めの対応です。


今週末は楽しみにしているコンサートもあるので週末しっかりと

休養できるように今日はできる限り業務を進めておくつもりです。


posted by fujizei at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

サラリーマンと副収入

確定申告期間が近づいてきているせいでしょうか

最近、確定申告に関するご相談が増えております。


そこで今日は、確定申告に係るご質問で特に最近

多いものについて取り上げたいと思います。


最近多いご質問は


「サラリーマンあるいはOLの方で副業をなされていて

 給与収入以外の収入があるのですがどうしたらいいの
 
 でしょうか???」


という内容です。


最近では会社勤務のかたわら副業をなされている方が増えて

来ているようです。


サラリーマン(以下、給与所得者とする。)の方が執筆による

原稿料や在宅ワークなどの副業を行っている場合、確定申告

が必要となる場合があります。


医療費控除などの例外はありますが、通常、給与所得者は

年末調整によって課税関係は完結しているので確定申告の

必要はないのですが、給与の支給を2箇所以上から受けて

いる場合や、給与所得以外の所得が20万円を超える場合は

確定申告の必要があります。


給与所得者が副業によって得た収入は「雑所得」となり

副業収入から必要経費を差し引いた金額が20万円を超える

場合は確定申告が必要となるので注意が必要です。


また、これに付随して良くあるご質問に


「会社では副業が禁止されている、あるいは勤務先で副業が

 禁止されているわけではないけれどあまり知られたくないの

 でどうしたらよいか???」


といったものです。


副業の是非は別として勤務先に知られたくない場合は、

確定申告書の第二表の「住民税に関する事項」欄の

給与所得以外の所得に対する住民税の納付方法を選択する欄で

「自分で納付(普通徴収)」を選択すれば雑所得に対する住民税

は勤務先での特別徴収(給与天引き)されず直接ご本人宛に届いた

納付書で納付することができ会社には副収入の存在はわかりません。


ただし、副業による収入を給与として得ている場合は、主たる給与

(主たる勤務先からの給与)と合算して申告されてしまうので、

住民税も主たる給与と副業による給与と合算で計算されることと

なり、主たる給与から天引きされる住民税が主たる勤務先に

通知されるので、副業の存在が明らかになるかもしれません。


また、副業による収入が大きくなりそうであれば、事業所得

として申告をして節税をすることも可能です。


この場合は、開業届けを提出して事業所得として申告すること

が必要です。


最近では副業による収入の申告漏れがとりだたされているので

副業収入のある方は注意が必要です。
posted by fujizei at 19:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

期待と不安

今日は、独立開業して初めての確定申告をむかえる方の

事務所に資料のチェックと打合わせに行って参りました。


北参道のすぐそばの近代的なマンションの一室で窓から

眺めがとても素敵なオフィスでした。


歳も20代ということで話がはずみ2時間があっというまでした。


色々とお話をお伺いしたのですが、これからの仕事や夢への

期待と不安がお話から伝わってきました。


独立するということは常に期待と不安が繰り返して行くもの


それでも世の中はそんなことには関係なく進んで行きます。


不安で気持ちがなえてきたらどうしたらいいのでしょうか?


私の場合はひたすら目の前の仕事をする、そしてそれが終わったら

仕事のことは出来るだけ忘れて楽しむ。それでも不安がやってき

たら、さらに仕事をする・・・納得のいくまで・・・


人によって色々だと思いますが、私の場合はこんな感じです。


仕事のボリュームや複雑な税務に圧倒されそうなこともありますが

やはり仕事の不安は仕事でしか解決しないようです。


毎年この時期は期限までにきっちり仕事が終わるかと不安になります

が、そんな時はやはり仕事をする・・・


連日残業が続いておりますが、今週末は楽しみにしているコンサート

に出かけるつもりです。


これも私にとってはバランスをとるという意味では大変重要なのです。


仕事の事は忘れて好きな音楽を聴いて楽しむ・・・


そしてまた仕事をする。


独立当初で不安だと思いますが、独立して10数年のベテラン

経営者の方々もわたしが知る限り独立当初と変わらず不安や

悩みがあるようです。


でも何が違うかというと不安に慣れているとういか、会社の悩みを

楽しんでいるというか、とにかく私のまわりには明るく前向きな方

が多いです。


がんばりましょう・・・・・

posted by fujizei at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

自己株式の取得

先日三田会の研修会に行ってきたのですが、

大変参考になる研修会でした。


テーマとなっている自己株式の取得は奥深い問題で

会社法、税務そして会計の三つの知識がないと正確には

理解できない内容のようです。


業務に関係が深く問題となるのは、会社法ではやはり相続発生時の

相続人等に対する売渡請求と議決権のあたりでしょうか・・・


そして税務・会計面では自己株式取得時の取得法人側の資本金の

減額や利益積立金の減少額の算出。


譲渡した法人側のみなし配当の益金不算入と譲渡損失との

かねあい、譲渡した個人側のみなし配当と総所得金額への

合算あたり・・・


そして自己株式取得にさいしての財源規制に係る分配可能額の

算出がかなり複雑なものだと改め思いました。


自己株式については今後ますます実務でも出てくる問題なので

今のうちに研究しておく必要がありそうです。



posted by fujizei at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

お勉強

今日は午前は横浜方面に出張でした。


昨日の雪の影響もなくスムーズにスケジュールを

こなしていくことが出来ました。


事務所に戻り法人クライアントさんの決算準備と

事務所に届き始めた確定申告の資料の整理に追われ

ています。


今日の夜はニューオータニで三田法曹会とのジョイント研修

に参加予定です。


通常の税理士だけの研修とは違い、弁護士さんとの合同研修

義塾出身の弁護士さんと接することも出来る珍しい研修会

です。


今回の研修テーマは

「自己株式の会社法及び税法上の取り扱いについて」

です。


自己株式に係る取引は通常の損益取引と異なるし、

会社法上の扱いにも興味があったので、業務が詰まっていて

忙しいですが無理やりスケジュールを空けて参加することに

しました。


1時間半の研修ですがしっかりと要点を把握できればと思って

おります。

posted by fujizei at 15:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

いよいよ2月入り

いよいよ今日で2月入りです。

確定申告期間も間近・・・

例年所得税の確定申告のご依頼を頂いている

関与先の皆様には既に確定申告のご案内をしました。

今年のテーマにそって早めです。

窓のそとは雪・・・

今年の確定申告にはどんなドラマまっているのでしょうか??
posted by fujizei at 21:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。