2008年09月29日

あしもと


9月も残すところあと2日となりました。

当事務所の事業年度もあと3ヶ月あまりで終了です。


残り3ヶ月気合を入れるべく、昨日の日曜日は靴磨き

をしました。


この靴磨きは、私にとって浮世を忘れる瞬間でもあります。

靴を磨いているときは余計な事を考えず夢中で磨いている

せいか、ちょうど良いストレス解消タイムとなっています。


良くおしゃれは足元からと言いますが、特に女性の方は

靴に気をつかう方が多いようです。


私の場合、仕事柄様々な方にお会いする機会が多いのですが

ついつい最初のご挨拶のときに靴を見てしまいます。


これは癖です。


別に高価なブランドの靴でなくとも、綺麗に磨き上げられた

靴を見ると、キチッとしている方だなと勝手に思ってしま

います。


逆に、高価なブランドの靴でも汚れていたり、メンテナンスが

されていないともったいないなぁと思って、ちょっと悲しく

なってしまったりします(大きなお世話なのですが・・・)


良く「足元を見る」といいますが、これは昔、駕籠かきや

馬方が、旅人の足元を見て疲れ具合を見抜き、それによって

値段を要求していたことが語源だと記憶しています。


客は法外な値段であっても、疲れていればその金額で了承して

しまい、相手の弱みにつけこむことを意味しています。


ですから私にとって、この靴磨き、ストレス解消と初めて

お会いするお客様に好印象を持っていただけるという意味で

一石二鳥なのです。


昨日は、1時間ほどかけて3足を磨きました。

綺麗に磨き上げられた靴を見て一人満足・・・

非常に安いストレス解消なのであります。


今日は早速、磨いた靴をはいて新規のお客様にあって

参りました。

はたして靴磨き効果はあったでしょうか・・・・・


posted by fujizei at 16:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

消費税と印紙税

前回に引き続き消費税がらみの内容です。

良くお客様よりご質問いただくものに消費税と

印紙の金額についてがあります。

商品の売買等が行われ領収証を発行する場合に

印紙を貼付しなければならないことがあります。

この印紙の金額は取引金額によって定められている

のですが、ここで領収書の金額の記載方法によって

印紙の金額が変わってくる場合があります。


具体的には以下のようになります。

@消費税等の金額が区分記載されている場合

金額   1,050,000円 
上記正に領収いたしました
(内訳)
A商品  1,000,000円
消費税等  50,000円

と領収書に消費税等の金額が区分されている場合は、
その消費税等を含めない対価の額に応じて印紙を貼る
ことになります。

この場合ですと、印紙は200円を貼付となります。

A消費税等の金額が区分記載されていない場合

金額   1,050,000円(消費税等5%含む)
上記正に領収いたしました

と領収書に消費税等の金額が区分されていない場合は、
記載金額に応じて印紙を貼ることになります。

この場合ですと、記載金額は1,050,000円ですので
印紙は400円を貼付となります。

つまり印紙税の節税を考える場合には、

イ)消費税等を区分する文言
ロ)消費税等に相当する金額

を明記することが必要となります。

「消費税等を含む」とか「消費税等を5%含む」という
ような記載では、具体的な消費税の金額が明記されて
いないので全体の記載金額に応じて印紙を貼付しなければ
ならなくなってしまいます。

また、消費税とは関係がないのですが、カードで支払をした
場合には、現金の授受がないのでその領収書には印紙を貼付
する必要はありません。

たまに飲食店等で食事をしてカードで支払いをした時に
アルバイトの店員さんが領収書に印紙を貼ろうとしている
時があったりしますので、節税という意味では注意が
必要ですね・・・
posted by fujizei at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

消費税の仕組み

昨今消費税の増税の話題がチラホラと出ておりますが、

やはり近い将来消費税増税といった運びになるのでしょうか?

先日、新たに消費税の課税事業者となったお客さまより

消費税の仕組みについてご質問がありました。

確かに消費税は、担税者(税金を負担する者)と

納税義務者(税金を納付する者)が一致しないので

ちょっとへんな感じがするのでしょう・・・

消費税の仕組みはおおよそ以下のようになっています。

(メーカー)

商品を製造して卸売り業者に販売

売上40,000円 消費税2,000円・・・(税込み42,000円)

消費税納付税額⇒2,000円納付・・・@

(卸売業者)

メーカーより商品を購入し小売業者へ販売

仕入40,000円 消費税2,000円・・・(税込み42,000円)

売上80,000円 消費税4,000円・・・(税込み84,000円)

消費税納付税額⇒4,000円−2,000円=2,000円・・・A

(小売業者)

卸売業者より商品を購入し消費者へ販売

仕入80,000円 消費税4,000円・・・(税込み84,000円)

売上100,000円 消費税5,000円・・・(税込み105,000円)

消費税納付税額⇒5,000円−4,000円=1,000円・・・B

(消費者)

小売業者より商品を購入

支払額100,000円 消費税5,000円・・・(@+A+B)

とこのような仕組みになっています。

最終的に消費者が負担している消費税5,000円は

メーカー⇒卸売業者⇒小売業者と段階的に納税が行われ

各段階で支払われている消費税は消費者が負担している

消費税と一致するようになっています。

法人税や所得税と異なるちょっと変わった仕組みになって

いるので、消費税の納税義務者になった場合に不思議な

感じがするのではないでしょうか・・・

posted by fujizei at 17:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

今年の住宅ローン控除

9月も後半に入りました。

さえない天気が続いていますが、我が家のポニョは

そんなことにはおかまいなしとばかりにすくすくと

育っております。

先日、ポニョと妻とマイホームの建築現場に行って

参りました。着々と工事が進行しており、ワクワク感も

ましてしまいました。

昨日、基準地価の発表がありましたが、サブプライム問題

の影響などで不動産市況は低調のようです。

地域格差も顕著な傾向として現れているようですが、

東京23区は、渋谷、港、目黒、品川の都心4区の

住宅地が下落に転じ、渋谷区の商業地も5年ぶりに下落

とのことです。

そんな不動産市況の中ですが、平成20年中にマイホームを購入した

方は住宅ローン控除の適用を受けることが出来る場合があります。

今年中に取得した場合は、10年間又は15年間に渡って住宅ローン

控除を受けることができます。

上限は10年・15年ともにトータルで160万円の控除となります。

平成19年中の取得の場合はトータルで200万円の控除でした。

住宅ローンが家計に重くのしかかって来ることを考えると、この

制度は大変有難い制度です。

この制度、6ヶ月以内居住とか、延べ床面積、所得など色々と要件が

あるので住宅購入の場合は注意が必要です。

私の場合、要件を満たすので今年の確定申告でこの制度を利用しようと

思っています。

また、今年の確定申告期間では、住宅ローン控除に係る申告書類

の作成を、昨年よりももっとリーズナブルな料金でサービス提供

出来ればと思っております。




posted by fujizei at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

決算セール


9月は上場企業の中間決算が多い月です。

新聞の折込チラシにも決算処分とか決算セールとか

大きく書かれたものをよく目にします。

やはり決算に際して在庫を減らしておきたいということ

なのでしょう・・・

通常、企業は設備投資等のための長期の借入以外にも

商品の仕入やその他の経費をまかなうための流動資金

を短期借入でまかなっていく場合が多く、当然短期の

借入は返済のスパンが短い・・・

仕入れた商品が売れ残ってしまうと、資金繰りが行き詰って

しまう可能性があります。

そこで、値引きをして売上を上げるということになります。

時には原価割れでも販売してしまうことがあります。

物品の販売業であったりすると、仕入れた商品(売れ残った商品)

を保管する置き場所コストもかかってしまうし、足の速い商品は

すぐに新しい商品が出るので陳腐化してしまい商品価値が落ちて

しまったりします。

ひどいときはデスストックとなってしまいます。

決算期はお買い得と良く耳にするのは、この他にも理由はあり

ますが、そんなわけです。

明日からの三連休を使って、早速、某家電量販店に下見に

行ってこようかなと思っています手(パー)

お恥ずかしい話、我が家の家電製品はほとんどが10年以上

のもの・・・たらーっ(汗)

テレビは今や珍しいブラウン管テレビだったりしますTV

当然、地デジに未対応どんっ(衝撃)

さすがに買換えないと日常生活に支障が出てしまうもの

もチラホラ出てきているので、思い切って購入しようと

思っています。

家電量販店に行くとワクワクしてしうのは私だけでしょうか

今からウキウキしております・・・るんるん

posted by fujizei at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

資金繰り

資金繰りが大変だ・・・・

と聞くと、事業がうまくいっていない会社を

イメージしがちですが、事業が順調な会社も

資金繰りには頭を悩ませていることも多々あります。

事業が順調な会社さんから、資金繰りに関するご相談

もあります。

これは収益と費用、収入と支出が事業期間内で完全に

一致しないことが最もポピュラーな理由だと思います。

通常は、売上の入金に対して、費用の支払いが先行

することが多いので、このバランスをうまくコントロール

して行かないと、固定費や固定人件費、そして忘れたころに

やってくる税金の支払等で資金がショートしてしまうことが

あるのです。

会社の社長さんは、経営全般を切り盛りしている訳ですが

特にこの資金繰りが重要な仕事となることが多いのです。

トップ営業もしつつ資金のコントロールをしていかなければ

ならないので気が休まらない方も多いと思います。

そんな事業経営者のお手伝いをするのも税理士事務所の付随業務

のひとつであったりします。


そんなことを言っているそばから、当事務所の今月末支払期日の

請求書がたまってきています。

事務所の資金繰りもちゃんと考えないと・・・・



posted by fujizei at 12:51| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

天津木村さん・・・ふう!

駆け出し税理士の私が、実務についたばかり

税理士ないし事務所担当者にありがちな風景

詩吟にのせて吟じてみたいと思います。


吟じます・・・るんるん

再三に渡って資料の提示を求めていたにもかかわらずぅ〜〜グッド(上向き矢印)

「なかなか資料が集まらずぅ〜グッド(上向き矢印)う〜バッド(下向き矢印)

「期限間際に最終資料が届きぃ〜グッド(上向き矢印)いぃバッド(下向き矢印)〜い〜バッド(下向き矢印)

「徹夜で申告書類を作成したらぁぁ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

「こんなに税金が出るのかとムッとされるぅ〜〜〜〜」


あると思います。


吟じます・・・るんるん

「久しぶりの三連休ぅ〜ゆっくりしようと思ってぇ〜ぇ〜バッド(下向き矢印)

「連日残業して申告書類を作成したらぁ〜グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)

「突然FAXがぁ〜送られてきてぇぇ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

「棚卸の訂正で全部作り直しぃぃ〜〜」


あると思います。


それにしても天津木村さんが「あると思います」と言うと

なぜか笑ってしまいますわーい(嬉しい顔)

かなりハマッてます・・・

posted by fujizei at 11:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

美術品の購入

会社が少し殺風景なので、美術品の購入を考えて

いるけどその取り扱いはどうなるの・・・?

といったご質問がありました。

法人税法では、美術品の取り扱いについて以下の

ように限定しております。

@古美術品、古文書のように歴史的価値又は希少価値
 
 を有し、代替性のないものは減価償却資産に該当し

 ない。


A美術年鑑等に登載されている作者の制作による書画

 ・彫刻等は、減価償却資産に該当しない。


つまり、有名画家の油絵や歴史的価値のある書画・骨董

のたぐいは時価の経過によって価値が増加することはあれ

減少(減価)することはないと考えられ、所有している

限り資産として計上され費用とはならないこととなります。



しかしながら、上記に該当しない絵画等は、その取得価額

が一点10万円未満のものは少額償却資産となり、全額が

支出した事業年度の費用となります。

また、一定の要件を満たす法人については、少額償却資産の

特例というものがあり、30万円未満のものについては年間

300万円未満までは、即時償却をすることが出来ます。

(詳しくは、管轄の税務署等でご確認ください)


個人的な見解としては、少額償却資産を購入することは、

節税のためというよりも、絵画を飾りオフィスの環境をより

良くするなどで、来社された方々の印象も良くなり、リクルート

活動にも良い影響があるといった効果が期待できるのではないか

と考えます。


このように色々なご質問ないしご相談をお受けするので、

今日は、大量に書籍を購入して参りました。

専門書は値段も結構するので色々と厳選して購入するの

ですが思い切ってまとめ買いして見ましたグッド(上向き矢印)

買っただけでは身にならないので、勉強しないといけませんね手(パー)
posted by fujizei at 16:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

グリーン車

今日は、2件のクライアント様のアポがあり、横浜方面

に行って参りました電車

鎌倉、横浜方面に出張する時は、湘南ラインを使うよう

にしているのですが、この湘南ライン、在来線なのですが

グリーン車があります。

グリーン車ということでグリーンにして見ました。安易です・・・

早朝のラッシュ時ではないのに、いつも混みあっている

ので、移動の際はグリーン車を使うようにしています。


在来線のグリーンということもありかなりリーズナブル

な料金となっているのですが、当然追加のコストが発生

します。

ですが、ゆっくりと座ることができるので、往復で2時間

余りを読書タイムに使うことが出来るので自分としては無駄

ではないと思っています。

人間おもしろいもので、余分なコストが発生するとそれを

取り戻すべくかなり真剣に何かをしようとするものです。

コスト−パフォーマンスを考えて私の場合、読書に使って

います。

ちなみに今日は税法条文の読み方に関する本を読みました。

基本に立ち返るべく税法関係の本ではなく、条文の読み方

勉強しました。

今さらと思うのですが、条文を正確に読むことは大変重要

なのです。(当たり前のことなのですが・・・・・)

法律は解釈を間違うと大きな勘違いをしてしまうことに

なり、冷や汗をかくこともあったりします。

次の移動の際は、父からプレゼントされたデール・カーネギー

「道は開ける」「人を動かす」を久々に読み直してみようと

思っています。この本は、超ーーー有名なロングランベストセラー

本なので、ご存知の方も多いと思いますが、読み直すたび、

自分の年齢を重ねる度に違った気づきがあったりしますひらめき



posted by fujizei at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

上棟式

先週末は、上棟式に行って参りました。

妻と我が家のニューフェイスと出かけたのですが

当初心配していた豪雨も上棟式直前におさまり

晴天の上棟式でした。

図面でしか見たことがなかったので、立体の実物

を見て感動・・・

窓位置や電気関係、水道関係やガス、ダクトの噴出し口

の位置などの確認がメインで、ハウスメーカーの営業マン

さん、設計士さん、インテリアコーディネーターさん、

電気屋工事の方、水道工事の方、ガス工事の方、空調工事

の方、そしてセコムの方などなど、入れかわり立ちかわり

の確認作業で結構大変でした。

2時間程の作業だったのですが、我が家のポニョも最後

グズリましたが、ほとんど爆睡だったのでスムースに

進行、最後に屋根裏に入れるお札を現場監督さんに渡して

無事終了となりました。

物を造る仕事ってなんか夢があっていいなぁ・・・

結婚当初からの節約生活のかいあって、なんとか

お家が買えそうです。

マイホームを購入予定の方は、皆さん節約生活なのでは

ないでしょうか・・・

仕事柄お客様の資金繰りやプランニングをすることも多いの

ですが、結婚するまでは自分のプランニングは・・・・あれば

あるだけ使ってしまうタイプでした。

俗に言う医者の不養生と言ったところです。

そんな私も結婚を期に色々アドバイスをもらいながら、

プランニングをするようになりそんな経験が、お客様からの

相談に役立つこともありました。

結婚当初頂いたアドバイスで印象に残っているものは、

@家を買う前に自分の収入から見てちょっと高めの家を

 借りて三年間それを続けること

A手から口のような、品のないことはしない

B事務所を安定させること


Bは先輩税理士のN先生に頂いたアドバイスです。

仕事のこと、事務所の経営などなど細かく書いたら

きりがない程多岐にわたりアドバイスを頂きました。

@はM社長から頂いたアドバイスです。実に経営者

的なアドバイスです。

事業というのは不安定なもの、住宅ローンを組んだら

資金が固まってしまう。賃貸だったら家賃が払えなく

なったらもっと安い家を借りれば済むし、そうすれば

なによりも事業を継続して行くことができる。

そして、自分の収入から見てちょっと高めの家を借りて、

三年間払い続けることが出来たら、そのノリシロと

その時の状況を見て家を買ったらいい。

アドバイスを頂いた当時は、そんなものかなくらい

にしか考えてなかったのですが、根が素直な私は

開業したばかりということもあり、事業が成功して

いる方のアドバイスなので参考にさせて頂きました。

後になって気付くのですが、このアドバイス実に

意味深いものでした。

住宅ローンの審査は三年分の決算書と現在の家賃

の金額を考慮に入れるからです。そして節約しつつ

ちょっと高めの家賃を払っていたノリシロが・・・

最後にAですが、N先生、M社長ともに表現は違えど

同じようなアドバイスを頂きました。

これは、お金の使い方は人それぞれだから、稼いだ

お金をどう使っても自由だけど、独立してやってる

のなら使い方は考えたほうがいいよ・・・

これも実に意味深いアドバイスでした。

これらのアドバイスは本当に参考になりました。そして

独立開業したてのクライアントさんに自分なりにアレンジ

してお話したりしています。











posted by fujizei at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。